<img alt="" src="https://secure.gard4mass.com/158539.png" style="display:none;">

Blog

Andy Marin

Find me on:

Recent Posts

ケース・スタディー: 適切な真空含浸プログラムの選定について

Posted by Andy Marin on 水, 6 29, 2022 @ 03:01 午後

2008年、北米のバイク・メーカーのOEMが製造コストの削減に向けて、真空含浸技術をアウトソーシングからインソーシングへ、つまり自社内で実施することを決断しました。OEMは、複数のシール剤や装置についての調査を行い、廃水排出の削減、高い鋳造シール率、最小限の調整/メンテナンス/修理などが謳われていた装置の購入を決定しました。選定した装置は、リサイクルしたシール剤を使用するものでした。

Keep Reading

ケース・スタディー: 真空含浸処理の製造フローを改善

Posted by Andy Marin on 火, 2 18, 2020 @ 03:24 午後

効率的な製造フローを確立するには、部品や材料がスムーズに流れ、遅れが最小限になるよう、作業ステーションや装置を順番に配置することが非常に重要です。効率的な生産フローを導入することで、生産性や柔軟性が向上し、必要な資本の削減にもつながります。

Keep Reading

Content not found

Search the Blog Archives

Most Popular Posts