<img alt="" src="https://secure.gard4mass.com/158539.png" style="display:none;">

真空含浸法

真空含浸法とは

真空含浸法は、鋳造や成型の過程で発生するポロシティ(穴孔)や漏れの経路をシールします。真空含浸を行うことで、鋳造のポロシティ(穴孔)が埋められ、従来は廃棄されていた部品を使用することができます。真空含浸は、加圧下で流体やガスの漏れが発生するのを防止するために、ポロシティ(穴孔)をシールする簡単で最優先に行うべき方法です。

 

ポロシティ(穴孔)の原因

金属の鋳造プロセスは非常に洗練されています。それでもまだ完全なものではありません。液化した金属を鋳型に注入するとき、気泡が発生し、金属が固まる際に成型品の内部に滞留してしまうのです。気泡は、エアポケットや折り目、介在物の原因となります。気泡の大きさや鋳型内の位置によっては、加圧下において漏れ経路になってしまうのです。

 

より少ない資源でより多くのことを

産業界では、「より少ない資源でより多くのことを」というメーカーへの要望が年々高まっています。そのニーズに対応できるのが真空含浸法です。

 

自動車業界では、エンジン・ブロックなどの重要部品に対して、より軽い金属、より薄い肉厚を指定しています。一方、同業界のOEMでは、より高い性能要件かつより低いリーク・レートを持つ鋳物が求められています。この高基準の仕様および厳しい要件により、多くの部品が不適合となり廃棄される結果となっています。これは、コストの増大や生産力の低下、遅延につながります。

 

GW社の真空含浸法を導入することで、メーカーはOEMからの要求に対応し、部品の品質を維持して収益を確保することができるのです。

 
お客さまの真空含浸eBookをダウンロードする